2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

ホッケー写真展・写真募集のお知らせ

10月14日(日)に城山で、「秋のにしかんホッケーフェスティバル」が今年も開催されます!!(詳細は後日お知らせいたします)

その中で「ホッケー写真展」と題して、懐かしいホッケー写真の展示を行います。
平成21年の第64回国体を始めとして、昭和39年の第19回国体の写真まで展示されます。
そのほか、大会写真以外でも、部活風景などの写真も展示を予定しています。
たくさんの写真で埋め尽くし、ホッケーの歴史を感じていただけたらと思っています。

つきましては、みなさまより、ご自身の懐かしいホッケー写真がございましたら、是非ご提供いただけないでしょうか。
下記の通り、メールにてお申し込みください。
多数のご応募、お待ちしております。

○募集期間
平成24年10月6日(土)まで

○募集方法(データは添付せず、下記項目のみご応募ください)
・ご氏名
・ご住所
・電話番号
・写真内容
・写真枚数
上記について、当協会までメールでご連絡ください。折り返し、受渡方法の確認について確認させていただきます
新潟県ホッケー協会:niigatahockey@yahoo.co.jp

○受渡方法
平成24年10月8日(月祝)に城山運動公園(西蒲区)まで直接ご持参いただくか、メールにて

○注意事項
・形式は、データ・現物、どちらでも構いません。いったんお借りして、後日お返しいたします。展示はお借りしたものは使用せず、コピーを展示します。
・被写体の肖像権侵害等の責任は負いかねますので、応募者で管理の上、ご応募ください。

2012年9月19日 (水)

第11回全日本大学ホッケー大会

第11回全日本大学ホッケー大会
9月15〜17日 岐阜グリーンスタジアム
参加チーム:東日本インカレ上位4チーム・西日本インカレ上位4チーム
(但し、第61回男子・第34回女子全日本学生ホッケー選手権大会の出場権を得ているチームを除く)
男子上位3チームが、第61回全日本学生ホッケー選手権大会の出場権を得る

新潟大学フェールドホッケー部男子が出場しました。

9月15日(土)
1回戦
東海学院大学(西1位) 15 - 1(6 - 1) 東海大学(東4位)

大阪大学(西4位) 1 - 5(1 - 0) 新潟大学(東1位)

神戸大学(西3位) 0 - 4(0 - 3) 武蔵大学(東2位)

中京大学(西2位) 3 - 0(1 - 0) 一橋大学(東3位)

3位決定戦
2012年09月17日(月)
グリスタA
武蔵大学 3-1 新潟大学
(前半0-1・後半3-0)

インカレ切符は獲得ならず

選手のみなさん、おつかれさまでした。

www.myhockey.jp
より、公式試合記録です。

武蔵大学のセンターパスにより、前半戦が開始された。立ち上がりから両チーム激しい攻防が続く中、10分新潟大学がPCを取得。#20石橋のドラッグ を#19宮川がタッチで決め、先制点を挙げる。対する武蔵大学はスピードあるドリブルとパスワークで攻撃を仕掛けるが、新潟大学の粘り強い守備に阻まれ、 決めきることができない。1-0で新潟大学リードのまま前半戦を折り返す。
 後半戦に入っても、両チーム激しい攻防が続く。1点を返したい武蔵大 学は50分PCを取得、#3飯田がドラッグを決め1-1とする。さらに52分、PCからまたも#3飯田がドラッグを決め逆転とする。勢いに乗った武蔵大学 は54分、#7吉村がサークルトップから打ち込んだボールを#9紺谷がタッチシュートで決め引き離す。対する新潟大学もPCを取得しチャンスを作るが、得 点には至らず、3-1で武蔵大学が勝利し、インカレの出場権を得た。

2012年度全日本社会人ホッケー選手権大会

2012年度全日本社会人ホッケー選手権大会
9月15日(土)浅川スポーツ公園

CREA男子が出場しました!

1回戦 新潟CREA2-1飯能HC
2回戦 新潟CREA1-7(前半0-5)名古屋フラーテルホッケーチー

339968_290090411103787_389188032__2

下記は岡村選手からのレポートです。

本日から開幕しました2012全日本社会人ホッケー選手権大会の結果です。
会場はロングパイル(ゴムチップ入り)の芝だったため、両チームともにミスが目立った試合でした。なんとか勝ちを拾った、って感じでした。とりあえず、フラーテルへの挑戦権を得ることができました。

新潟CREA2-1(1-1)飯能ホッケークラブ
会場:浅川スポーツ公園グラウンド
試合開始:15時

天候:晴れ時々雨

来年の東京国体のリハーサル大会として開催される全日本社会人ホッケー選手権大会。
2009年以来の出場となる新潟CREAは立ち上がりから攻勢に出る。4分に立て続けにPCを取るが決め切れず。さらに5分にもPCを取るがシュートを枠に飛ばすことはできず、逆にそのカウンターから左サイドを破られ、ヒットシュートを決められてしまう。先制を許したCREAは14分、DF佐藤邦憲のスクープからFW岡村陽平が右サイドを抜け出し中央に折り返したところを最後はFW廣瀬亮一がしぶとく詰めて押し込み同点に追いつく。
1-1で前半を折り返したCREAは後半も攻め込むが決定力を欠き、追加点を奪うことができない。さらに、カウンターからヒヤリとする場面をあったが相手のミスで失点は免れる。このまま、引き分けで終わってしまうかと思われた34分、DF大森全晃が果敢なオーバーラップからPCを奪い、それをキャプテンのMF山本雅彦が豪快に決め逆転、そのまま試合終了。劇的な幕切れとなった。
-------
2012全日本社会人ホッケー選手権大会の2回戦は王者フラーテル相手に1-7の完敗。なかなか相手のスピードに対応するまでは時間がかかり、それでも後半は1-2。課題と期待が含まれた試合でした。

新潟CREA1-7(前半0-5)名古屋フラーテルホッケーチー
会場:日野市民陸上競技場
試合開始:11時35分
天候:晴れ時々雨

名古屋フラーテルのセンターパスにより試合が開始された。新潟CREAは相手の強力な攻撃に対し、ディフェンスラインを意図的に下げ、カウンターを狙う守備的な戦術を取る。しかし開始早々の6分、フラーテルにPC取られ、それを日本代表のフリッカー長澤に豪快に決められ2試合連続で先制を許す。さらに、8分にフィールドゴール、17分・25分にはPCを決められる。何とか反撃したい新潟はFW野内聡のドリブル突破から相手陣内に入り込むも、相手DF陣に止められシュートまで行けない。前半終了間際には中盤のパスカットからゴールを奪われ0-5。
ハーフタイムで戦術の再確認をしたCREAは後半開始4分、キャプテンFW山本雅彦が右サイドから個人技でサークル内に持ち込み、相手と競りながらもシュート。相手DFがそれを止めに行ったプレーがファールの判定となり、CREAはPSを獲得。これをDF大森全晃がゴール右隅に冷静に決め1点を返す。
その後も鋭いカウンターから相手陣内までボールを運ぶが得点は奪えず、逆に後半にも2失点をした新潟CREAは1-7で敗れてしまった。

新潟県秋季地区体育大会ホッケー大会

男子巻、女子分水が優勝しました。
9月8日(土)
新潟市城山運動公園ホッケー場
女子決勝 分水10(4-0・6-0)0巻総合
男子決勝 巻3(1-0・2-0)0巻総合

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »