2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« ホッケーマガジン2013年5月号に掲載! | トップページ | 北信越高校体育大会 »

2013年6月10日 (月)

2013年度東日本リーグ第3節

昨日の新潟クリエホッケーチーム(男子)試合結果です。
今回は残念ながら黒星でしたが、今月末には社会人予選が城山でありますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

以下「新潟クリエホッケーチーム」フェイスブックページより転載。

https://www.facebook.com/niigatacrea1999/posts/472642189486359

2013年度東日本リーグ第3節
6月9日(日)
会場:栃木県立ホッケー場
天候:晴(気温28℃)

×新潟CREA-アレッサ横浜○
1-2(前半0-0)

前節が引き分けに終わり、今節は何としても勝ち星が欲しい新潟CREAは、立ち上がりから攻勢に出る。サークル内を固める相手に対しセンタリングからのシュートを狙うが、なかなか決まらない。
すると前掛かりになったところを相手に狙われ、カウンターからシュートを打たれるが、これは枠に飛ばず、試合は徐々に一進一退の展開を迎える。
... 24分、新潟CREAは18番山本雅彦のドリブルインからPCを獲得。15番佐藤邦憲は低空のシュートを狙うが、相手GKをファインセーブで得点成らず。この後も新潟CREAは攻勢を強めるが、得点成らず、前半はお互いに無得点で後半を迎える。

前半の勢いそのままに、後半も新潟CREAは攻勢に出る。これに対し横浜は前半同様に粘り強い守備からカウンターを狙う。
試合が動いたのは後半10分、アレッサ横浜はカウンターからPCを獲得。しかし新潟CREAは15番佐藤邦憲のディフェンスから相手の株を奪うようなカウンターを見せ、14番早川から18番山本雅彦と繋ぎ、ラストパスを4番小田がダイレクトでゴールにシュートを突き刺し、先制に成功する。
後半17には再びアレッサ横浜がPCを獲得するが、新潟CREAの守備に阻まれ得点成らず。
後半20分には新潟CREAも18番山本雅彦が再びPCを獲得するが、14番佐藤邦憲のシュートは枠に飛ばず得点成らず。
試合は終盤に入り、追加点の欲しい新潟CREAは更に前掛かりになる。
後半26分にはアレッサ横浜にその前掛かりになったところの裏を取られ、フィールドゴールを許す。
後半28分には相手スクープパスから再びPCを取られ、これを確実に決められ万事休す。
何としてでも追い付きたい新潟CREAは、終盤に最後の猛攻を仕掛けるが得点成らず。
今シーズンから東日本リーグに昇格したチームを相手に、確実に勝ち星を取りたい試合だっただけに、非常に痛い敗戦となった。
この日の新潟CREAは、メンバー不足以上に、試合の進め方、試合感覚不足が顕著であった。チャンスも多かったがこれを決めきる決定力など課題が多い。これらはやはり日頃の練習から磨いて行くしかない。
各メンバーが意識的に取り組むことが必要である。

« ホッケーマガジン2013年5月号に掲載! | トップページ | 北信越高校体育大会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホッケーマガジン2013年5月号に掲載! | トップページ | 北信越高校体育大会 »